【ブログ】思い返してみると〇〇だったビジネス初期

おはようございます

西山です

 

昨日はいつもは寝ている時間に起きて活動をしたおかげか

すごい濃密な日でした

今日もしっかり朝から活動中

 

昨日はあの後は

ルイビトンに行ってまた買い物をしてしまいました笑

 

決して無駄使いではないです。はい。

必需品です。

 

 

 

 

これでもちょっと痩せましたよ

誰も興味ないと思うけど笑

 

買い物をした後は

ボクシングにいきました

朝、筋トレをしたからか全く体が動かず

トレーナーの方に呆れられるという

とても悔しい思いをしました笑

 

これも、伸び代ですね。

 

その後は幾つか打ち合わせをして

サウナに行き23時半に帰宅

そして1時間作業をして寝る

いう流れでした

 

ポイントは

朝を3時間ほど早く起きたことですね

それにより、仕事や人生をよりよくするために時間に

3時間多く当てることができました。

 

昨日の記事にも書かせてもらったのですが

 

【ブログ】経営者・投資家になりたい人必見!成功者も使っている。本気で夢を叶えたいなら〇〇を使う

 

皆さんは、時間を意識したことありますか?

どれだけ『時間』を使えるか?

当たり前ですが

『時間』『何に費やすか』によって人生は変わっていきます。

 

 

どれだけの時間をそのものに費やせるか?

次にどれだけ時間作れるか?

 

と言うことです

 

自分の理想を必ず叶えられる!叶えてやるんだ!と言う熱い思いを持ってください!

人生で不可能だと決まっていることはないです

3年くらいは諦めずに一つのことに集中していいと思います

僕らが生まれてここまで来るのに3年以上は費やしているはずです

たったの3年

 

その間

時間をその理想を叶えるための行動に時間を費やすことが大変だと思うのなら

そもそも、辞めたほうがいい

 

本気なら人間はやるんです。

 

何年、何十年も嫌だ嫌だいいなが会社に勤められてるじゃないですか

(生活するためですよね)

正直同じことを数年、数十年することは凄いことです

これらが出来ている理由は、まさに本気だからです

生きることに、働かないと水準が落ちてしまう

それに対してなんだかんだ本気なんです

 

海外旅行をすることになり飛行機に乗るために

朝5時に起きてくださいと言われたら

誰でも起きると思います。

 

むしろ心配だから

1時間早く起きてたり笑

 

まさに

この行動

 

本気なら、やるんです

 

本気なら時間を作る

 

もしあなたが本気で叶えたい理想があるなら、

時間を作り、全てをそれに費やすくらいでちょうどいい

正常です。

 

何十年も行きてきた人生

たったの数年くらい本気で

一点集中してもいいじゃないですが

 

こう言っている僕もまだまだ成長過程

 

僕も付き合うので

一緒に自分の理想を達成するために行動してみましょう

 

 

ps

そういえば思い返してみると

僕が初めてビジネスを始めた時は

19歳の時になります

始めたものはアフィリエイト

 

当時僕は、その辺のサラリーマンの人より忙しかったです

 

朝は7時から8時に起きて

大学に行き授業を受けて(単位がやばかったので授業がパンパン笑)

お昼は友達とご飯を食べるのを断り、図書館で仮眠orアフィリエトの作業

夕方に授業が終わるとボクシングに行ってからバイトへ(生活費や自己投資をするためのお金を稼ぐために)

そして23時半とかにバイトを終えて終電で帰宅

そして、お風呂や歯を磨いて

1時頃から、やっとアフィリエトの作業を開始。

3時か4時に寝て

朝の7時か8時に起きる。

 

これの繰り返し

睡眠時間は、3〜4時間程度

 

途中からボクシングに行く時間を惜しみだし

ボクシングを辞めて

学校終わりはバイトだけに

バイトは当時3つやっていたので

毎日入っている状態。

 

大学、バイト、終電帰りが当たり前。

時間がない中、どこでお金を稼ぐためにビジネスの時間に当てていたか?

移動時間、お昼休み、バイト中は暇な時は頭の中どうやったらそのビジネスで結果が出るか?を考えた

結果、それだけだと大した作業は出来ないのは目に見えていた

 

なので

自然と終電で帰って

1時くらいから朝の3時4時まで作業するしかなかった

 

僕は、本気でお金を稼げるようになりたかった

大学生だった僕にはサラリーマンという選択肢しかなかったし、頭のいい学校でもなかったのでどんな会社につけるかは?漠然とだがイメージできた

学歴社会と言われていたから、この時点で高学歴の子たちを『あっ』と言わせるような収入や生活することはとても難しいということは、バカな大学生である僕でも理解できた

 

中学高校と問題児だと言われ続けてきた僕には

コンプレクスがあり

絶対にみんなを見返してやる!

見返したい!と言う気持ちが心の奥底にあった。

 

そんな中『ビジネス』は僕にとっての

【小さいがとても明るい希望】だった。

 

これで上手くいかなければ

自分の人生が予想通り決まってしまう。

そのことを直感的にわかっていた。

 

このまま大学に通って、就職したら

もう他の人は抜けなくなる。

それだけは嫌だ

 

絶対に現状の自分を抜け出すんだ!!

という気持ちでいっぱいだった。

 

だから当時は、

睡眠時間が3時間、4時間を繰り返し

眠い日もあったが辛くはなかった

僕は、変わるために必死だったから、

寝てるよりも、起きてやるべき事をやっている方が

人生がよくなる可能性を感じていたから

寝る事すら本来したくない気持ちだった。

 

そして、アフィリエイトを知っている人ならわかってくれると思うが

アフィリエイトは、すぐには結果は出ない。

アフィリエイト(ネット上の広告代理店)はまずは、商品があっても

その商品を見てくれる媒体がないと1円にもならない。

 

なので最初は、収入は0円

 

1円も上がらない日が続いた。

とても長く感じていた

 

諦めようとは思わなかった

これしかないと思っていたから

これで諦める方がリスク

本当に僕は変わりたかった。

 

そして、毎日最初に書いたような生活を繰り返した

1日も休まずに

今でも覚えている

結果が出るまでは友達と遊ばないと決めていて

こちらがそのような態度をしていると自然と連絡も来なくなった

そのまま3ヶ月、4ヶ月とやっていたら

結果がで始めた

 

きっと僕と同じことをやっていても、結果が出る前に生活を変えたり

元の状態に戻ったり

辞めてしまう人は多いのだろうなと思う今日この頃。

 

 

本気なら、やればいい。

無理すればいい

寝てる時間がもったいない

時間がもったいないと思うのは正常だと思う。

 

よく、みんなで成功しよう!と言うような団体をみるが

あれは謎だ

 

本当に本気の時は、周りなんて見てられない

周りの事なんて気にならない

我武者羅なんだ

 

その状態に自分がなるのをビビってる連中の行動だと僕は思う

 

ビビるな

本気になれ、我武者羅になっていい

それが当たり前だし、自然

 

溺れてるのに周りの心配なんてしてられるか

まずは自分が安全なところに上がる事

その後に人を引っ張り上げればいい。

 

当時の僕は完全に溺れていた

中高問題児というセルフイメージを持ちながら

学歴のないバカな大学生をしていた

学歴社会の時代だからこそ

就職して、何も考えずに必死に働いてたら

周りとどんな差ができているか?明確だった

 

ビジネスは、そんな絶望をうっすら感じていた僕にとっての

【小さいがとても明るい希望】だった

 

これからもそんな

【小さいがとても明るい希望】を追い求めて

やっていこうと思う。

 

僕は自分が頑張った、努力したなんて思わない

頑張っているか?を決めるのは自分ではなく、周りだから

僕はただ【結果を求めてやるだけ】

 

 

 

pps

今日はなぜか語ってしまった笑

気合い入れて今日もやっていきます♪