後悔する原因を知っていますか?多くの人がやってしまっている後悔するステップ

おはようございます。

西山です。

 

 

先週の金曜日から昨日の夜まで

セミナー続きでした。

 

 

そして昨日は、

偶然お世話になっている方とその周りの社長さん達との飲み会に混ざることができました。

 

3人の社長さんがいたのですが

3人とも億越えプレイヤーです。

 

 

昨日の飲み会は、気さくな感じのお話でした。

 

本当に仕事の時とのオンとオフの差がすごいです。

 

 

 

そういう一面も知っていると

もっと稼ぎたいなと逆に強く思います。

 

 

何億とか稼いでいる人たちも同じ人間なんだな〜と。

 

だからこそ、言い訳せずに稼ごうと思います。

 

 

ビジネスを始めたての時は19歳でした、その時は

月収100万円を達成している人たちの輪っかに入れて

 

うわ〜月収100万円達成している人たちって

仕事の時じゃないその人達は逆に気さくで

自分たちとあんまり変わらないな〜と思い

 

 

自分もできるはずだ!やってやる!

 

と思って頑張っていたのを思い出しました。

 

 

 

できない理由を探すのではなく、

できる理由を探すって当たり前のことですが

重要ですね。

 

 

 

では本題に

今日のテーマは

『後悔』

です。

 

 

 

 

皆さんは後悔ってしたいですか?

 

 

あ〜あの時、、、

もっとこうしておけば、、、

 

とか

あの時に戻りたいな〜とか

 

 

 

後悔したいですか?

 

 

 

今まだ20代の人は

 

自分が30代40代になった時に後悔していたいですか?

 

年をとるにつれて

後悔は、かなり重たくなってくると思います。

 

 

 

そして僕は、後悔したくないです。

 

 

なので今回は、

なぜ人は後悔をするのか?

後悔をするまでのステップを自分なりに考えて書いていこうと思います。

 

 

 

僕は、

仕事の関係上いろんな人と関わりを持たせていただくことが多いです。

 

色んな人の人生に関わらせていただいています。

 

 

そして

後悔は誰もがしていることです。

 

 

そして客観的に見ていると

後悔には共通点があるように感じました。

 

 

 

 

その後悔する時の共通点とは?

 

 

今にしか焦点を当てていないです。

 

 

 

 

今にしか焦点を当てていないから、後悔する。

 

 

 

これは、改めて考えてみると

当たり前のことでした。

 

 

今がよければいい!

今忙しいからこれはやらないでいいやとか

今これが楽しいから、あっちはいいやとか

 

 

とにかく

 

 

 

 

 

 

でやっていると

当たり前ですが後悔します。

 

 

 

 

当たり前ですよね?

 

 

今に対してだけで

いっぱいいっぱいになっていて

将来からの逆算ができていないですからね。

 

目先のことだけやっているのだから

後悔するのは当たり前です。

 

 

もう少しマクロ的に、見ていたら

ある程度のここでこうしておかないと後悔するだろうな〜というものは見えてきます。

 

 

 

今でいうと仕事もそうです。

僕は19歳の時にアフィリエイトで稼ぐために

塾に入りました。

 

そこでは

300人ほど塾生がいたのですが

全員大人でした。

自分の親との方が年齢が近いくらいです。

 

40代近くの人たちが多かったです。

そしてその人達は、普通に働いていて

中には大手の社員さんもいました。

 

家族がいて子供がいました。

 

 

 

しかし後悔していました。

今になって、自分の人生が仕事だけだったことに気がつき

自分の人生をもっと自分のために使いたい!と思っていました。

 

それ以外だと

子供の大学進学と高校進学がかぶって

大きな出費により

貯蓄が減り、やばい!と思っている人もいました。

 

 

 

この大人の現状を見て

肌で感じて

19歳の僕はやばいと思いました。

 

 

自分が40代になった時の自分の姿だと

簡単にイメージできたからです。

 

 

 

マクロ的に見たら

人生は、限られた時間しかないし

若さも今しかない。

 

時間(若さ)って本当に価値の高いものです。

 

 

 

子供の進学に必要なお金なども

今の時点で計算することもできます。

 

 

 

こんな『当たり前』のことすら

『今』に焦点を当てすぎていると

見えなくなるんですね。

それは後悔するのも納得です。

 

 

 

 

 

もしあなたが

こんな単純な後悔をしたくないと思うのなら

『今だけ』に焦点を当てないことです。

 

 

 

 

今だけ楽しいもの

今だけ必要なもの

今だけ大変じゃないもの

 

 

 

これらは、将来あなたの役に立たないことを約束します。

 

 

あなたの貴重な『若さ』を使うべきものなのか?

 

 

 

後悔をしたくないのなら

『今だけ』に焦点を当てないことです。