若者よ。自分で考える力をつけろ。

おはようございます。

西山です。

 

 

久しぶりに勝どきにいる知り合いの方の家に遊びに行ってきました!

 

勝どきのマンションの高層階からの景色は綺麗ですね♪

 

 

 

お互いのビジネスの状況や変化について

飲みながら話していました♪

 

 

では本題に

 

今日のテーマは

『若者よ。自分で考える力をつけろ』

です。

 

 

ちょっと本題に入る前に

小言を言わせていただきます。

 

最近例の秘書から

「西山さんが落ち込む事言っていいですか?」

 

 

とLINEがきました。

 

 

 

 

 

 

当然、

僕は答えました。

 

 

 

 

「いやです」

 

 

 

 

 

そしたら、

こうきました。

 

 

 

「では、言いますね」

 

 

 

 

 

?????

 

 

??????

 

 

?????

 

???

 

 

 

「何故聞いた????????」

 

 

 

 

 

「Why?」

 

 

 

 

そして、送られてきたのは

 

 

大量の画像。

 

 

 

 

僕のブログの誤字脱字がチェックされた画像。

 

 

 

僕の中の

ザブングルの加藤(悔しいです!)

 

クールポコの(やっちまったな〜)

 

 

が同時に吠えた感じです。

 

 

 

 

まさにカオス。

 

混沌です。

 

 

 

誤字脱字は、よく指摘されるので

直そうと思い、

チェックしてから投稿をしているんですが

 

 

自分で書いて

自分で見直すと

 

見落としがちになりますね。

 

 

 

ちょっと悩ましいです。

 

 

秘書から馬鹿にされるのも

いやではないんですが

 

結構本気で馬鹿にされるので

 

真剣に直したい所存。

 

 

いや直す所存。

 

 

へい。

 

 

 

という事で

本題に。。。。

 

 

 

今回の内容は、おふざけなしで

真剣に書いていきます。

 

 

いつも思った事をただ書いていますが

今回も

思った事を書いていくだけです。

 

 

 

結局いつもと変わらないです。

 

 

 

という事で

今回のテーマは、

『若者よ。自分で考える力をつけろ。』

 

です。

 

今回のお話は、ビジネスというよりも

資産形成です。

 

 

 

 

僕は、ビジネスでチャレンジしろ!というよりも

 

将来苦労しないためにも

ビジネスで収入を作れるようになった方がいいと考えています。

 

 

 

その理由が

『時代の変化』です。

 

 

前回の記事で

国が『副業・兼業』を勧めていると書きました。

(一番下の関連記事参照)

 

 

それと同時に

国は年金を減らして

定年退職後も僕たちを働かせて

税金をとっていく計画です。

(どこかの記事でしっかりとデータを出して書いていきます)

 

 

 

確かに最初は、

「副収入を得て贅沢を!」みたいな風潮だったと思います。

 

 

しかし

僕は今後

「普通の生活や落ち着いた老後を迎えるために副収入を!」

作る必要のある時代が来ると考えています。

 

 

 

 

そして、

それは、もうすぐに来ます。

 

 

その時、あなたはどうしますか?

 

 

やばいとなってから、あたふたしていると

時代の波に呑まれてしまいます。

 

それか

対策し損ねて、だらだらと流され

老後もせっせと働いて

税金を収めるだけでやっとという感じになる人が出てきて

 

 

対策ができている人と

そうでない人たちの差に

 

『猛烈なスピードで格差』ができてくると思います。

 

 

今よりもさらに

経済の二極化が進みます。

 

 

 

そして、僕は

同世代の人たちに言いいたいです。

 

「大人たちの時代に、年金カット法案や消費税の増税、働き方改革、保険料の値上げなどなかった。

親たちもこの時代は初めてで

この時代の攻略方法を知っているわけでない。

だからこそ

僕たちは、誰か大人からのアドバイスを待つのではなく、分で察して、どう生きていけばいいのかを考えるべきだと思います」

 

 

 

 

 

大人たちもこの時代は初めてです。

だからこそ、

僕たちは、

『自分たちで、経済の流れや

【今の時代の逆算でライフプランニング】を理解する必要があります』

 

 

大人たちも素人だからこそ、

僕らがもっと賢くなる必要がありますね。

 

 

 

 

将来の年金や経済の流れ

今の時代にあった資産形成を勉強したい人は

 

僕のLINE@に『資産形成 セミナー情報』

と送ってください。

 

 

 

次回はちょっと真面目な話で

2019年に変わる年金制度について触れていきます。

 

 

公式LINE@はこちらをクリック

 

電子書籍 ◆第一弾◆

公式Youtube チャンネルはこちらをクリック

 

 

 

関連記事をどうぞ

時代の波に備えろ